TEL

保険別アドバイス

よくわかる保険の相談窓口でお客様から受けている相談内容に対して、実際にどうアドバイスしているのかご紹介します。

ADVICEアドバイス / がん保険

がん保険は加入してから90日間は保障がされない免責期間というものがございます。また、一言でがんといっても、すべてが対象となるがん保険とそうでないがん保険がございます。がんには一般的に悪性新生物といわれる悪性腫瘍と上皮内新生物といわれる良性腫瘍がございます。

保険商品によって保障の有無や保障額の違いもございます。がんと診断を受けた際に支払われる診断金の保障や、がん治療を受けることで支払われる、がん治療給付金など、様々な特約や主契約に分かれ組み合わせて加入することができる商品です。がん保険は、「定期がん保険」と「終身がん保険」に分けることができます


安藤 信幸

Q1がん保険は入ってた方がいいんですか?

がん保険は、医療保険よりもがんに対する保障が手厚くなっていますので、身近なご親族様ががんになったという方や、喫煙をされるという方は、特にご加入を検討されるといいのでは。またタバコを吸わない方は割引となるがん保険もございます


飯津 大翼

Q2どんながんでも保障されるのですか?

「上皮内新生物」と呼ばれるがんは、保険会社によって取扱いが異なり、保障されない場合があります。また、がん保険の契約内容によって、初回の一度だけ一時金が給付されるタイプや、一定年数経過後の再発時にも給付されるタイプなどの違いがあります


大塚 辰徳

Q3がんの治療費ってどのくらいかかりますか?

がんの治療費は症状や進行具合、治療方法によって差がありますが、最先端の治療方法を選択した場合、300万円前後かかることがあります。「先進医療」(※)は公的保険の適用外で、全額自己負担となりますので、がん保険に入っていれば治療の選択の幅が広がることになります。


豊田 勇輝

Q4医療保険に入っていればがん保険はいらないですか?

がんになってしまった場合、医療保険でも給付金を受け取ることが可能です。ただし、保険料が同等の場合、医療保険のほうが、がん保険に比べて、給付額は少なくなってしまいます。がんに関する特約をつけられる医療保険もありますので、不安がある場合は検討してみてはいかがでしょうか?

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

がん保険のご相談でご来店いただいたお客様との
実際のやりとりをご紹介いたします

2018.11.27

  • 抗がん剤治療とは?具体的な治療方法と治療費を抑える方法
  • がん保険

ここ数年、がん保険で登場したのが「抗がん剤特約」です。 抗が

稲葉 晴一 稲葉 晴一

PAGETOP