TEL

今や認知度が高い「ふるさと納税」

どうしてできた制度かご存知でしょうか?

「気にはなっているけど、やり方がわからない」

という方の為に、「ふるさと納税」についてご紹介したいと思います。

 

ふるさと納税

「ふるさと納税」が導入された経緯

最初のきっかけは、2006年3月に「地方を見直すふるさと税制案」という日経新聞のコラム記事を、一部の政治家が取り上げ議題化されたのが最初でした。

議題に上がった内容は

 

2006年10月、福井県知事だった西川一誠氏が「故郷寄付金控除」を提言し、その後「ふるさと研究会」の委員長に選任されました。

2007年7月研究会で5人の県知事が共同で「ふるさと納税制度スキーム」を発表し、現在の「ふるさと納税」の原型となりました。

 

3つの意義がある「ふるさと納税」

 

「ふるさと納税」について、さらに詳しく知りたい方はこちらから

 

控除限度額を超えると自己負担になります

寄付した額から2,000円を引いた額が戻ってきますが、控除額には上限があります。

上限以上の寄付金が全て自己負担になりますので、ご自身の控除額の上限をあらかじめ確認する必要があります。

上限を超えなければ実質自己負担は2,000円になります。

控除額のシミュレーションはこちらから

 

申し込み方法

自治体や商品を選ぶのはこちらから

一般的には、自治体へメールで「納付書の郵送」を依頼

クレジットカードで決算できる自治体もある

※寄付できる金額に上限があるので確認が必要

「寄付金受領証明書」で確定申告に必要

季節に関係したものはその季節に送られてくるのでホームページで確認

寄付した次の年3月15日までに「寄付金受領証明書」を添付して申告する

住民税のおよそ2割程度が所得税から還付、住民税から控除

※住民税は、所得税をもとに計算されるので、その次の年の控除になります

 

「ふるさと納税」について、さらに詳しく知りたい方はこちらから

 

納税先が6自治体以上の場合は確定申告が必要

年間の納税先が6自治体以上になると確定申告が必要になります。

ただし、1自治体に複数回寄付しても1カウントになるので、例えば6回寄付をしても同じ自治体に2回なら5自治体への寄付となり、確定申告の必要はありません。

また、自営業、不動産収入がある人、副収入が20万円以上ある人、会社員でも給与所得が2,000万円を超える場合は確定申告の必要があります。

 

地方創生を考えよう

いかがでしたでしょうか?

納税することによって、自分が素敵なお礼品でうれしい気分になるのはもちろんのこと。

納税された地方には、収入になるだけではなく、仕事も増え、それをきっかけに旅行者も増えるかもしれません。

地方創生

現在日本では東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかける政策をしています。

ぜひ「ふるさと納税」をして、地方創生にも貢献してみませんか?

 

「ふるさと納税」について、さらに詳しく知りたい方はこちらから

 

 

 

 

 

 

PAGETOP